上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。こくーnです


いよいよ30日から読者投票がはじまりました!

投票会場はコチラ

さて作品も公開されたということで画像追加しますよ( ^o^)ノ

もちろん私が撮影した新規カットですので

画像の悪さにむせび泣きながらご覧下さいwww

bP1010027.jpg

コンテスト用にはキャノンを下にして撮影したものを採用しました。※前回記事参照

あれは羽根とかマントみたいに見えて、でも実は肘についてるwっていう面白さとか

ダークな色とも合うのでそうしました。


メカとしてのシルエット的には上に向けるのもアリかなぁと思うのですが如何でしょう?
bP1010022_20121028204713.jpg


サーベルは補助脚が入ってたとこがポッカリ口開けて待ってたので素直に採用。

リボーンズとほぼ同じところに設置できました(^_^)v
bP1010014_20121028204714.jpg


アルティメスの脚部だったパーツをブースターとして使ってます。
ディテ的にはなかなかお気に入りポイントw

白い方は裏返してバーニアをつけてあります。
bP1010024_20121028204713.jpg
キャノンのオシリにも反動を抑える用(本当はなんて言うか知らない)バーニアがあるような感じなので

waveの新型角バーニアを埋め込み。

コレかなりシャープでいいです!オススメ!(今更…




最後はキャノンのセンサーレンズ
bP1010013_20121028204714.jpg
透明プラ棒をリューターで削って自作。

裏からホロテープを貼ってあるので光を拾うといい感じに反射します

バスクード・クライシス!って叫んだのはここだけの秘密ですwww
スポンサーサイト
ご無沙汰してます。




「なんでもアルティメスコンテスト」
無事エントリー完了しました!


展覧会準備などなど、どうなるかわからない日程でしたが

なんとか漕ぎ着けました(*´д`*)




コンテスト用の写真を

腕も機材も数段レベルの高い先輩に大学で撮影していただき、


さぁブログ用に帰って自分で撮ろうと思ったら完全に電池切れwww

なので今日のところはコンテスト用に撮ったやつ数枚だけです。



途中の制作風景も何もなくいきなり完成です。。。すみませんorz

b前

b後ろ

bIMG_0040.jpg

bIMG_0021.jpg

次回は、多少写真の質は落ちますがw

詳細な記事が書けたらと思います!

MGにも投稿させていただきました。
お手空きでしたらポチっとお願いします(_ _)
おはようございます。こくーnです。


「なんでもアルテイメスコンテスト」って名前が長くて言いにくいし
律儀に全部言ってたらちょっと恥ずかしくなるので、
当ブログでは「アルコン」と呼称します(≧∀≦)


では「アルコン」出撃予定のリボーンズさん行ってみましょう!

バックパックに着くブースターのアームです。

キットを使ったコンテストとあったので
極力自作パーツは使わないようにと思ったんですが、ここはクリアランスの関係でムリでした。

コトブキヤのABS関節パーツにカバーを自作して装着。


まぁそんなに気にすることでもないとは思うけどね(^^)

次がバックパック本体。
リボーンズの設定を優先してGNドライブを1つ背中に付けます。



シンメトリーを確保するため、半分だけ図面を引いて
プラ板で複製後、線対称に接着してます。

黒瞬ならセンターラインも引けて一石二鳥(^_^)b



着けてみます。
自作のアームも干渉もなく良好なようでひとまず安心(●´ω`●)

アルティメスの脚だったとこの白い爪を逆にしてスラスター感を演出www

これでひとまず工事は終了です。
早い!www

あとは肉抜き穴とか傷の調整をして塗装に…



と思ったけど少しブレーキかけます。。。

課題の方もあるのでまたしばらく留守にします~
ども。こくーnです。




ツイッターでもボソっと書きましたが、

アルティメスコンに出撃します(`・ω・´)


締め切り1カ月前にスタートとか普段の私なら120%間に合いませんが、

可能な限り頑張ってみます。





素体はどれにしようか悩んだ結果、リボーンズにしました。

多分誰かと被ってるんだろな・・・


まぁあまり考え過ぎも時間のムダなのでこれで行きます。


こういうときって作品の画像どこまで出していいんだろうか???
今日のところは暫定で小さいの1枚だけ(=゚ω゚)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。