上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、お久しぶりです。こくーnです。


先日沖縄から来た友人と対面でプラしてたら
思いの外ハマってくれたので、

今回は普段私が使っている道具類を紹介していこうと思います。

全部で何回やるか決めてないので、とりあえずその1としてます( ´艸`)



削る

これで一応全部。

グアム土産の兄貴が眩しい(笑)


左から、
幅広の金属ヤスリが
「目立てヤスリ」

ノコギリの目を研ぐのに使うと中学のとき恩師より教わりました。

断面は鋭い菱形なので
これ1本で削り作業から溝彫りまでできます。

細かい作業には向かないです。


次が一般的な「鉄ヤスリ」

正直あまり使いません。

次の兄貴から1200と書いてあるスティックが
「スポンジヤスリ」

兄貴とサーフボードはかなりスポンジが固く、目も粗いので曲面がキツいものには使えないです。

緩い曲面をガシガシやるのなら誰にも負けないタフガイです(≧∀≦)

番手の書いてあるやつは3M製のスポンジヤスリをプラ板に貼ったものです。

ホームセンターに普通に売ってあるものですが、
ボビーショップでもスポンジヤスリとして同じ物が売られています。

値段はもちろん…※このコメントは販売店の要請により削除されました。※


作り方は2ミリのプラ板を

短辺は両面テープの幅
長辺はスポンジヤスリの幅

にカットして、両面テープで貼るだけ。

次が「紙ヤスリ」

これもさっきと同じように両面テープと紙ヤスリに合わせてプラ板をカットして当て木を作ってます。

2ミリプラ板は程よくしなるのでスポンジヤスリには良いのですが、
紙ヤスリはしなるとマズいのでプラくずから良さそうなのを骨にしています。


最後は「砥石スティック」

シャーペンの芯のようにボビーショップで市販されています。
割と高いです。

これに専用の持ち手のついたタイプもあるのですが、

これがまた高い!

なので1.3ミリ芯の安いシャーペンに入れて使ってます。

これは細かい所を削るときに使います。


削る編だけで結構行きましたねw


つーことで、課題の方もまだまだですが、次回その2!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://puramo00.blog62.fc2.com/tb.php/165-446b39b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。